人材育成体制

社員のスキルアップを全面的にサポートします。

キヤノングループには、「三自の精神」という行動指針があります。
その言葉には、「何事にも自ら進んで積極的に行い(自発)、自分自身を管理し(自治)、自分が置かれている立場・役割・状況をよく認識する(自覚)」という意味が込められています。
この精神を教育方針の原点として、全面的に社員の成長を支援する体制を構築しています。

研修体系図

研修体系図
研修体系図

新入社員研修

新入社員には、ビジネススキル研修・テクニカルスキル研修を通して、社会人・ソフトウェア技術者としての基礎を教育したうえで配属しています。
また、希望者へは入社前にeラーニングによる内定者研修を提供し、基本となるテクニカルスキルを学ぶこともできます。
さらに、配属後の現場実習では、OJT形式で実際の仕事をしながら、主体的・創造的に実践する習慣を身につけられるよう指導しています。
このように約1年を掛けて、しっかりと業務に必要なスキルを習得してもらうため、非情報系学科出身の新入社員でも活躍できています。

新入社員教育イメージ
新入社員教育イメージ

新入社員研修一覧

テクニカルスキル研修
  • コンピュータ基礎
  • C言語基礎・応用
  • C++基礎・応用
  • Javaプログラミング
  • 組み込みデバイス制御
  • Linux開発基礎
  • AWS開発基礎 ほか
ビジネススキル研修
  • コミュニケーション向上
  • 仕事の進め方
  • 文章力向上
  • 討議の活性化
  • 論理的思考
  • 考え抜く力向上
  • チームワーク向上 ほか

一般職・管理職向け研修

2年目以降は、各々の役割に求められる知識・スキル・マインドを習得する研修体系が整備されています。
テクニカルスキルはもちろん、チームコミュニケーションや部下・後輩の育成、顧客との折衝などのビジネススキル、日々の業務を安心・安全に遂行する為のガイドラインやリテラシーの学習など、多様な学びの機会があります。
また、多くの研修がeラーニングやオンライン受講が可能で、遠隔地やテレワークにも対応しています。

階層別研修
  • 新任部長研修
  • 新任課長研修
  • 中堅社員研修
  • 二年次研修 ほか
管理職研修
  • 人事評価者
  • 安全衛生
  • メンタルヘルス ほか
スキル研修
  • 計画力・PDCA基礎
  • コーチング
  • プレゼンテーション
  • 会議ファシリテーション
  • 戦略的交渉力
  • ロジカルシンキング
  • 問題解決力
  • 思考力 ほか
技術研修
  • ソフトウェアの要件定義
  • ソフトウェア設計
  • UML分析モデリング
  • プロジェクトリーダー
  • 設計・実装・評価プロセス
  • ソフトウェアテスト概要
  • ソフトウェアテスト設計実践
  • 知的財産 ほか
上記研修以外に、内部統制や情報セキュリティなど組織運営に必要な研修も実施しています。

支援施策

研修以外にも人材の育成を支援するため、様々な施策を実施しています。

  • 資格取得支援(情報処理技術者・画像処理技術者・ソフトウェアテスト技術者・ソフトウェア品質技術者・知的財産管理技能士・TOEIC® ほか)
  • キャリア面談
  • 社内公募
  • 各種社外研修 ほか