採用FAQ

よくあるご質問と答え

Q希望職種の選択について教えてください。
A応募時点の希望職種をご提示いただきます。採用につながる可能性を広げるため、希望職種以外の職種を会社から提案させていただくこともありますし、面接選考において希望職種を変更いただくことも可能です。

Q勤務地について教えてください。
A募集職種の内容により勤務地が決まります。募集職種の勤務地が複数ある場合、希望職種・希望勤務地を考慮しながら選考しております。

Q選考方法について教えてください。
A新卒採用(障がい者採用含む)は書類+筆記試験選考・面接選考(平日・来社2回)、キャリア採用(障がい者採用含む)は書類選考・面接+筆記試験選考(平日・来社1回)です。
いずれも、筆記試験の内容は非公開としています。面接では、相互に理解を深めることを念頭におきながら選考しております。

Q面接時の交通費について教えてください。
Aご来社いただく際の交通費支給に関する基準がございますので、面接をお願いする際、ご案内させていただきます。

Q配属先はどのようにして決まるのか教えてください。
A新入社員(技術系)の場合、6カ月間の集合研修で技術をしっかり学んだうえで、研修終盤に各部門からの部門紹介を受け、希望する仕事・配属部署を検討していただきます。そのあとの配属面談で、新入社員は、希望する配属部門・仕事内容などを伝えます。会社は、本人が希望する仕事や適性等を考慮しながら、配属先を決定します。
キャリア採用の場合、採用内定となりました際に、仕事内容・勤務地などの条件を提示させていただきます。入社日は、ご本人と調整しながら決めていきます。

Q新入社員研修について教えてください。
A技術系新入社員の場合は、約1年間を掛けて育成していますので、非情報系学科出身の新入社員でも、大きな自信を持って仕事ができるようになっています。
詳細は、人材育成体制のページをご覧ください。

Q有給休暇について教えてください。
A有給休暇は1日単位、または、半日単位(午前半休・午後半休)で取得することができます。「午前半休で病院に」・「午後半休で子供の学校に」など様々なケースで活用されています。また、有給休暇の取得促進を目的としたフリーバカンス制度もあります。

Qフリーバカンス制度について教えてください。
A有給休暇の取得促進を目的とした制度で、全社員が年に1度、5日間までの連続した有給休暇を取得できる制度です。土日を含めると9日間の長期休暇となり、家族サービスや国内外の旅行などに活用されています。

Qリフレッシュ休暇制度について教えてください。
A勤続満5年以上の社員に対し、心身をリフレッシュし、今後の生活への新たな活力を生み出していただけることを期待して、5年単位で、連続した休暇と休暇を有効に過ごしていただくための金一封を授与している制度です。

Q出産・育児・介護に関する制度について教えてください。
Aワーク・ライフ・バランス推進と女性の活躍推進に取り組んでおり、妊娠・出産・育児・看護・介護などの場面でも家族を大切にしながら仕事ができるよう、各種制度を整備しています。
ワーク・ライフ・バランス推進の積極的な取り組み、および、女性の仕事と生活の両立支援等を通じて女性の活躍を促進する取り組みが評価され、2017年に、新潟市から第一回「ワーク・ライフ・バランス推進賞」を受賞しました。

Q新入社員向け住居支援について教えてください。
A新入社員(障がい者採用含む)で、実家から通勤が困難であり入社時に単身で住居を借りる必要がある方には、規程に基づく諸条件により、40万円を限度として住居費用を支援する制度があります。

Q採用実績校について教えてください。
Aほかにも幅広く実績校がございますが、ここでは主な採用実績校を紹介します。
山形大学、東北大学、新潟大学、長岡技術科学大学、新潟国際情報大学、日本大学、会津大学、金沢大学、金沢工業大学、富山大学、信州大学、東京都市大学、東京電機大学、芝浦工業大学、電気通信大学、東洋大学、東海大学、関東学院大学、横浜国立大学、千葉工業大学、茨城大学 ほか(順不同)

Q自家用車での通勤が可能か教えてください。
A基本的に公共交通機関を利用した通勤をお願いしていますが、自宅から最寄り駅まで距離がある場合や、身体上の都合などで自動車通勤が必要な場合は、規程に基づく諸条件により自家用車での通勤が可能となります。
個別に対応していますので、通勤に関する相談や質問がございましたら、採用担当者へご相談ください。

Q障がいへの配慮について教えてください。
A個々の障がい内容に応じて、対応しています。
各拠点共にバリアフリーに対応しています。通院に際しては、各職場において、フレックスタイム制や1日単位 or 半日単位の休暇取得を活用いただきながら調整しています。
また、障害者職業生活相談員を設置していますので、入社後でも、障がいに関するお困りごとがあれば、お気軽に相談していただくことができます。

Q障がい者採用の取り組み状況について教えてください。
A障がいの内容や希望(職種・仕事内容・職場環境・通院ほか)を確認しながら選考しています。必要に応じて活躍できる場を検討したり、入社に際して就労可能となる環境を整えながら障がい者採用に取り組んでいます。
また、2016年に、新潟市から積極的な取り組みが認められ、「新潟市障がい者雇用企業認定事業(みつばち企業認定制度)」として認定されています。