開く

社員インタビュー

いろんな分野の開発があるので、
スキルを上げることができる会社です。

田中 涼介(仮名)

2009年:新卒入社
自然科学研究科 数理・情報電子工学出身

動画管理アプリケーションの開発

Q当社への入社動機を教えてください。

地元の新潟は落ち着いた雰囲気ですし、地元の友達も何人も新潟に残っているので、新潟県内企業と決めていました。学生時代に、画像関係を研究していたこともあり、画像に関連するアプリケーションソフトを開発している県内企業を探したところ、当社に行き着きました。
既に当社にいた研究室の先輩や友人に当社の話を聞いたところ、会社の雰囲気も良く、仕事の面でも働きやすそうだと思ったので、入社を決めました。

Q新入社員研修期間のエピソードを教えてください。

ビジネスマナーや開発に関する基礎知識を学んだあと、チームに分かれてのソフト開発実習がありました。先輩社員の指導の下、各チームが与えられた課題に向けて開発する形式でした。チームでの開発を経験できたことも良かったのですが、指導してくれる先輩社員のスキルレベルの高さもひしひしと感じました。学生時代にプログラミングの勉強はしていたのですが、仕事としている先輩は、やっぱり自分とは違うなと(笑)

Q入社してわかった会社の魅力やイメージギャップは?

魅力は、様々な種類のアプリケーション開発に触れることができることだと思います。カメラ関連、プリンタードライバー、Webアプリなど幅広く担当してきましたし、OSもWindows, Mac, Linux と案件によって様々。会社の中には、いろんな分野の開発があるので、スキルを上げることができる会社だと思います。

Q現在の仕事内容は?面白さ、喜び、苦労なども併せてお願いします。

現在は、動画管理アプリケーションを開発しています。ビデオカメラで撮影した動画を管理したり、再生したりする機能を持つアプリケーションの開発を担当しています。動画に関する専門知識も必要で、最初は少し大変でしたが、どのような仕組みで動画を再生しているのかを知ることができるなど、面白い面もあります。

Qこれまでで、特に印象深かった仕事や案件はありますか。

初めてリーダーを任された案件は、とても印象に残っています。それまでは開発メンバーの一人として担当していたのが、リーダーとしてお客様とのやり取りやメンバーへの作業指示・進捗管理などの業務が増え、かなりバタバタしました。ただ、苦労した分、納品後に無事に自分たちが開発したアプリケーションが、世の中にリリースされたときは、ほんと嬉しかったですね。

Q今後やりたい仕事、将来の夢や目標を教えてください。

画像研究の知識を活かす意味でも、また画像処理関係の仕事をやりたいです。今より、さらに踏み込んだ専門的な分野(画像処理やコンピュータービジョンなど)の開発です。
これまでは幅広い経験を積んできたので、今後は自分の専門分野を持ち、より強みにしていきたいと考えています。

Q社風や職場の雰囲気を教えてください。

職場の雰囲気は良いと思います。先輩達との壁も特に感じませんし。
IT企業は、常に忙しくて休みが取れないイメージもありますが、当社では、申請すれば休暇を取得できていますし、フレックスタイム制なので、出社・退社の時間もある程度、融通が効きます。プライベートや趣味の時間は作れています。

Q学生の皆さんへメッセージをお願いします。

就職活動は、自分を見つめ直す良い機会だと思います。まずは、自分のやりたいことが何かをきちんと考えるのが重要です。周りに流されることなく、自分の進みたい道へ挑戦して欲しいです。
入社してから製品開発としてのソフトウェア開発の知識をしっかりと学ぶことができますので、プログラミングスキルは入社してからでOK。今の研究課題を一生懸命に取り組んでください。その経験は、会社でも活かせると思います。

田中 涼介のキャリアパス

2009年4月~

入社、新人研修

2009年10月~

配属先でOJT

2009年12月~

ディスプレイ関連アプリケーションの評価

2010年2月~

画像編集・画像管理アプリケーションの開発

2014年5月~

動画管理アプリケーションの開発