開く

社員インタビュー

グローバルな製品開発に携われることが志望動機だったが、携わった製品が宇宙でも活躍している。

庄司 武生(仮名)

2012年:キャリア採用Uターン入社
工学部 福祉人間工学科出身

半導体露光機の制御ソフト評価、評価技術の社外講師

Q転職のきっかけと志望動機を教えてください。

photo前職では、県外の半導体製造工場でシステム開発から保守までの仕事をしていました。転職のきっかけは、結婚を機に親の介護や将来のことを考え、妻の実家がある新潟市で暮らそうと考えたことです。新潟市内で、前職の経験を活かせるシステム開発関連の仕事を探していたところ、当社であれば、新潟でグローバルなキヤノン製品の開発に携われるということが決め手になり志望しました。

Q入社して分かった会社の魅力やギャップを教えてください。

思っていた以上に、チームリーダーに任される権限が大きいと感じましたね。直接、顧客と調整できたり、評価期間を調整することができたり。
年齢に関わらず実力次第で責任ある仕事を任せてもらえるので、キャリアアップのチャンスはいくらでも広げることができます。入社してから早い時期に、リーダーを任せてもらえたときは、びっくりしました(笑)。

Q仕事内容について、面白さ・大変さなども含めて教えてください。

photo全ての評価工程に共通するのですが、評価するためには、対象とするソフトウェアの仕様や機能を理解するだけでなく、そのソフトウェアがどのように使われるかといったユースケースやワークフロー全体をよく理解しておかないと、思わぬ評価漏れが発生してしまうことがあります。ソフトウェアの運用までの全てを知ることは、とても大変なことですが、苦労して集めた情報から障害を検出できたり、別のプロジェクトで学んだことが役に立ったりすることがあると、自分の技術力が向上していると実感できるので、そこが面白いところですね。
ソフトウェアの評価と並行して評価技術の研修講師も担当しているのですが、ティーチングスキルなど、これまでとは違った系統の技術を楽しみながら勉強中です。

Q仕事の魅力を教えてください。

製品を使用いただくお客様の環境や使い方は無限にありますので、どれだけ評価に時間を掛けても、「これで絶対大丈夫」と言い切ることが難しいんです。開発・評価のコストは、製品価格に反映されることもありますので、いかに効率よく評価し自信を持ってリリースできるかが重要なんですよ。このポイントを追い求めることの奥深さが、評価という仕事の魅力だと感じています。

Qこれまでで特に印象深かった仕事や案件を教えてください。

photo私が評価で携わった製品が、TVのドキュメンタリー番組で放映されたことです。数年前のアイソン彗星を国際宇宙ステーションから撮影するドキュメンタリーなのですが、そのときに使われた4Kカメラの動画処理ソフトを私のチームで評価していたんです。
私が携わった製品が宇宙で活躍している姿を見たら、モチベーションが上がっちゃいました(笑)。

Q挑戦してみたい仕事・将来の夢や目標を教えてください。

評価技術に関する社外講師も担当するようになったので、これまでのように評価する製品の品質に集中して考えているだけではなく、これからは評価や品質の仕事に携わる人材の育成にも意識を広げ、もっと幅広い視点で品質向上に貢献していきたいと考えています。

Q職場の雰囲気を教えてください。

チームや役職の垣根もなく、なんでも気兼ねなく相談できる雰囲気の職場です。部門を跨ぐところも同じくです。仕事の課題や困り事は、協力して解決する風土が根付いているからこそだと感じています。

Q新潟のアピールポイントを教えてください。

新潟市は、それなりに大きい都市ですが、自然も近くにある住環境のバランスの良さが魅力ですね。私はオートバイやロードバイクが趣味で、自然の中を走るのが好きなのですが、海岸線や山間部に、すぐに走りに行けるところがいいですね。
あと、お米と日本酒が有名すぎて見落とされがちなのですが、他の農産物や海産物も美味しいものがたくさんあります。イマイチ目立たないのは、県産品の平均レベルが高いからではないかと勝手に思ってます(笑)。

庄司 武生のキャリアパス

2012年1月〜

入社、業務用動画編集ソフトの評価

2015年1月〜

工場用画像認識システムの評価

2017年1月〜

プリンタードライバー・ドキュメント管理ソフトの評価

2018年1月〜

半導体露光機の制御ソフト評価、評価技術の社外講師