開く

社員インタビュー

自分の想像を超える出来事を
経験できるところが魅力。
世界中の人々に貢献できていると実感している。

中井 正清(仮名)

2008年:キャリア採用Iターン入社
工学研究科 電気電子工学出身

画像処理FPGA制御ファーム開発

Q転職のきっかけと志望動機を教えてください。

photo転職前の自動車メーカーにおいて、研究開発で自作するソフトウェアと製品に搭載するソフトウェアが別物(特に性能と品質の観点で)であることを実感し、ソフトウェア開発に興味を持ったのがきっかけです。
勤務地に拘らず転職先を検討していたときに、画像処理技術の高いキヤノンのグループ会社であり、ソフトウェア開発を担っている当社を見つけ志望しました。

Q入社して分かった会社の魅力やギャップを教えてください。

魅力的なところは、ソフトウェア開発を幅広く(ブートローダーからアプリまで)経験できることや、キヤノンに出向く機会もあってメーカーの仕事も経験できるところですね。
ギャップに感じたのは、新潟本社の会社でありながら開発メンバーが国際色豊かであるところです(笑)。

Q仕事内容について、面白さ・大変さなども含めて教えてください。

顧客対応・見積・基本設計・レビューチェックやプロジェクトリーダーとしてのマネジメントが、主な仕事になっています。
顧客の要望に柔軟に対応していくことは、大変でもあり面白い部分でもあります。プロジェクトの開始当初は、顧客との認識がずれている場合がありますが、コミュニケーションを重ねることでベクトルが一致し想定以上の成果がでてくると、より面白さを感じます。

Q仕事の魅力を教えてください。

photoキヤノングループには、大きなプロジェクトを動かす力があります。大規模な開発プロジェクトでは、様々な会社・人が思惑を抱きつつも協力し合いながら進めています。そのため、自分の想像を超える出来事を経験できるところが魅力と感じています。
まだ世の中にない製品やシステムを開発するときには、厳しい状況や問題に直面することもあるのですが、それをどのように乗り越えていくかを考え行動した結果をフィードバックすることで成長していると実感しています。キヤノン製品を通して世界中の人々に貢献できていると実感しているところですね。

Qこれまでで特に印象深かった仕事や案件を教えてください。

自由視点映像のシステム開発案件が印象深いです。大規模システム開発を開発初期段階から参画できたのは貴重な経験でした。スタジアム実証実験において、失敗が許されない緊張感の中、システム動作を確認したときのことが、鮮明に記憶に残っています。うまくいきましたよ(笑)。

Q挑戦してみたい仕事・将来の夢や目標を教えてください。

photoこれまでの経験を活かしながら、大規模な画像処理システム開発のプロジェクトマネージメントに挑戦したいと思っています。

Q職場の雰囲気を教えてください。

おとなしくて真面目な人が多いと思います。また、時間内に効率良く仕事を終えて、仕事だけでなくプライベートも充実させている人が多いと思います。
フリーバカンス制度などもあり、計画的に休暇を取得しやすい環境・風土がありますね。

Q新潟のアピールポイントを教えてください。

米、酒、魚、どれも一級品なので、美味しい飲食店が多いですよ。神奈川から新潟に来たのですが、おかげで10キロも太りました(笑)。なかでも、新潟じゃないと、なかなか食べることができない黒崎茶豆がお勧めです。

中井 正清のキャリアパス

2008年9月~

入社、Linuxデバイスドライバー開発

2010年10月~

組み込み用リアルタイムOSのネットワークモジュール開発

2016年1月~

画像処理FPGA制御ファーム開発