開く

社員インタビュー

開発に必要なプロセスを
会社として定めていて、必要な時間をきちんと計画しているところに驚いた。

比果 里志(仮名)

2008年:キャリア採用地元入社
自然科学研究科 生産システム出身

アプリケーション開発案件のプロジェクトマネージャー

Q転職のきっかけと志望動機を教えてください。

photo前職では、新潟県内のIT企業で組み込みエンジニアとして働いていました。結婚を機に今後のキャリアを考えるようになり、ステップアップのために転職を決意しました。当社は、自社製品の組み込み系ソフト開発も手掛けていましたので、自ら考えてモノ作りできる仕事に魅力を感じ、入社を決めました。

Q入社して分かった会社の魅力やギャップを教えてください。

開発に必要なプロセスを会社として定めていて、そのために必要な時間をきちんと計画しているところに驚きました。
また、フレックス制度や休暇制度が充実しているところも、入社してから、より魅力的に感じました。スケジュールをきちんと管理できていれば、計画的に休暇を取得することも、出社や退社の時間を調整することもできています。子供の学校行事の参加や自宅そばの保育園への送迎などで利用しています。子育て世代には、特に働きやすい会社だと思いますね。

Q仕事内容について、面白さ・大変さなども含めて教えてください。

photo担当プロジェクトの品質・コスト・日程などを管理しています。プロジェクトでは、想定外の事態が発生することがあるのですが、発生した問題に対応するのはもちろん、問題の発生を未然に防ぐことがより重要です。そのためにも、具体的な数字とプロジェクトの雰囲気の両面から、悪化の兆候をいち早く察知して手を打つよう心掛けています。開発者にとって障害となる事象を取り除き、パフォーマンスを最大限に発揮できる環境を整えることが、プロジェクトマネージャーの役割のひとつであり、やりがいのある部分であると感じています。

Q仕事の魅力を教えてください。

自分たちが手を動かして作り上げたソフトが製品となり、世界中のお客様に使っていただけるところが魅力ですね。それに、最新技術に触れながらエンジニアとして成長できる機会が多くあるのも魅力です。

Qこれまでで特に印象深かった仕事や案件を教えてください。

<その1>
高速画像ビューアの開発です。数百億画素の超高解像度画像をデジタルカメラの画像と同等の処理時間で表示させる非常にチャレンジングな案件で、開発者全員が、モチベーション高く仕事ができました。ビューアの性能だけでなく、開発の進め方に対しても高評価を得ることができた、とても印象深い案件です。

<その2>
自由視点映像生成システムの開発です。スタジアムに設置された数百台のカメラから3D映像を生成し、視点を自由に変えて映像を見ることができるシステムです。プロトタイプ開発という段階で仕様が定まっていない部分も多くありましたので、私たちから積極的に提案して開発を進めました。Jリーグの試合での実証実験に立会い、生成された自由視点映像を見たときは、とても感動し、ものづくりの楽しさを感じることができました。

Q挑戦してみたい仕事・将来の夢や目標を教えてください。

photo地域や地場産業と連携した仕事が夢です。私は、生まれも育ちも新潟で、これからも新潟で暮らしたいと考えています。新潟の皆さんが、元気に生き生きと暮らせるような仕組みづくりに、自分の知識や経験を活かしたいと考えています。

Q職場の雰囲気を教えてください。

チーム全員が、目標達成に向けて協力し合っています。毎朝のミーティングで、各自の状況を共有していることが大きいと思います。
また、海外のグループ会社社員と一緒に仕事する機会が増えてきましたので、使い慣れていない英語に苦労しつつも、グローバルな雰囲気を楽しんでいます(笑)。

Q新潟のアピールポイントを教えてください。

ほどよく田舎なところですね。家庭菜園を楽しんでいるのですが、ナス・トマト・キューリ・ピーマン・鷹の爪などを栽培していまして、そこそこ広いんです(笑)。菜園で作った野菜でピザを作ったときは、とても美味しいと好評でした。
また、ショッピングモールなども多くありますので、田舎と都市のバランスが取れた住みやすい環境だと思います。

比果 里志のキャリアパス

2008年1月~

入社、製本アプリケーション開発

2012年10月~

画像管理アプリケーション開発

2014年7月~

画像処理アプリケーション開発

2017年5月~

複合機のファームウェア開発

2018年7月~

アプリケーション開発案件のプロジェクトマネージャー