開く

社員インタビュー

製品の評価でも
最新の技術を取り入れることは重要です。
日々、新しい技術・知識を吸収しています!

阿部 卓也(仮名)

2017年:新卒入社
電気電子情報工学専攻

モバイルアプリ・インクジェットプリンターの評価
脆弱性診断、ネットワークの評価

Q志望動機を教えてください。

photo学生時代に画像処理の研究をしており、学んだ内容を活かしたいと思っていました。実家が新潟県の三条市ということもあり、県内の企業を中心に探していたところ、当社を見つけました。
企業説明会では、若手の先輩社員が活き活きと説明しており、この会社で仕事をしてみたいと思ったことがきっかけでした。
また、入社後の新人研修期間を長く計画しているのも珍しく、魅力的でした。

Q新入社員研修の感想やエピソードを教えてください。

新入社員研修は、複数のプログラミング言語やアルゴリズムの学習などプログラミング未経験者でも理解できるような研修でした。
また、チームでの疑似的なプロジェクト演習もあり、メンバー一人一人の状況や日程を考慮した計画を立て実施することが難しかったです。
さらに、討議や発表、ビジネスマナーといった社会人としての基礎的なスキル向上に関する研修もあり、研修が終了し部門配属された後も、専門業務以外のことは新たに覚える必要なく業務を行うことができました。

Q入社して分かった会社の魅力やギャップを教えてください。

photo社員同士のコミュニケーションが取りやすいと思います。
評価部門と開発部門で所属が異なっても、ツールなどを使用して情報共有が行えるので良いと思います。

Q仕事内容について、面白さ・大変さなども含めて教えてください。

評価の仕事では、市場に出る一歩手前の商品を使って作業するため、最新の商品をいち早く触ることができるのはメリットです。
大変なことは、納期を厳守することです。
開発遅延や致命的なバグにより評価作業が止まる際は日程を再計画して対応します。そのため、納期の間際は時間に追われることが多いです。

Qこれまでで、特に印象深かった仕事や案件を教えてください。

photo脆弱性診断を行うため、東京の企業に二週間の長期出張をしたことです。
出張先が東京の大企業で、広いフロアにたくさんの社員が整然と並んで仕事をしている環境でした。黙々と仕事をする雰囲気は、当社とは全く雰囲気が異なり、とても印象に残っています。
また、出張先での作業ということもあり、期間内に終わらせることなどを意識したのを覚えています。

Q挑戦してみたい仕事・将来の夢や目標を教えてください。

最新の技術を習得し続けられる技術者になりたいです。
製品の評価を行う上でも最新の技術を取り入れることは重要です。特に近年では、製品におけるセキュリティ面での要求が高くなっています。そのため、日々進歩している技術に追従できるよう知識を吸収し続けていくことを目標にしています。

Q職場の雰囲気を教えてください。

ON/OFFがはっきりしていると思います。
部門やチームにもよりますが、作業に集中している際は静かに仕事を進めていますし、雑談やお菓子を食べたりと和気あいあいとした雰囲気の時もあります。

Q休日・退社後の過ごし方を教えてください。

photo休日は学生時代の友人と週一回集まってバドミントンをしています。
体を動かすことで、仕事のストレスを発散し、リフレッシュできています。
また、野鳥を撮ることが好きなので、近くの公園などを散策しながら撮影しています。

Q学生の皆さんへメッセージをお願いします。

色々なことに挑戦してみてください。
会社の業務と関係なさそうなことが実はとても役に立ちます。たくさんのことに挑戦し、経験することが大事だと思います。
趣味の話で意気投合しコミュニケーションが円滑になり、その後の仕事が進めやすくなることは会社ではよくあります。

ある一日のスケジュール

8:00 - 9:00

出社
メール確認

photo
9:00 - 9:10

朝の定期ミーティング

9:10 - 12:00

評価作業

12:00 - 13:00

お昼休み

13:00 - 15:00

顧客との打ち合わせ、評価作業

photo
15:00 - 16:20

プロジェクトミーティング

16:20 - 19:00

評価作業

photo
19:00

退社