開く

GS1-128 for 標準料金代理収納

コンビニ決済用GS1-128(EAN-128)を作成するためのソフトウェア。

  • 概要

  • 製品特長

  • 動作環境

  • 商品構成

  • FAQ

基本情報

【1ライセンスパッケージ】
商品コード:5370A048     
希望小売価格(税別):14,800円

概要

「GS1-128 for 標準料金代理収納」は、コンビニエンスストアでの公共料金等の代理収納に関して、財団法人 流通システム開発センター 流通コードセンター発行の「UCC/EAN-128による標準料金代理収納ガイドライン(2001年12月発行)」に適した高精度なバーコードを印刷を実現するためのWindows用ソフトウェア製品です。サテラに最適化してフォントを生成することで高精度なバーコード印刷を可能にしています。TrueTypeフォント、入力用ユーティリティー、開発支援用ライブラリーで構成されておりますので、一般的なオフィスアプリケーションでの利用から、大規模な企業システムへの組み込みまで、幅広い環境に柔軟に対応できます。

  • 「EAN-128」は国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)の組織統合および総合仕様書の改定に合わせて、「GS1-128(ジーエスワン128)」に変更になりました。
    上記は名称の変更であり、仕様の変更ではございません。
    本商品におきましても、ユーザーズマニュアルやユーティリティー等では、EAN-128の名称を使用しております。あらかじめご了承ください。

製品特長

コンビニエンスストアでの代理収納帳票には高精度なバーコードが不可欠

コンビニエンスストアでの公共料金等の代理収納の帳票に用いられるバーコードは、高精度な生成・印刷が不可欠です。このため、プリンターやバーコード製品、あるいはその組み合わせによっては、精度が低いバーコードが生成・印刷され、読み取りエラーが発生し、その結果、コンビニエンスストアでの読みとりができない場合もあります。「GS1-128 for 標準料金代理収納」は、サテラに最適化してフォントを生成することで高精度なバーコード印刷を可能にしています。

導入が容易なTrueTypeフォントで提供

「GS1-128 for 標準料金代理収納」はTrueTypeフォントとして提供しています。一般的なオフィスアプリケーションでの利用から、大規模な企業システムへの組み込みまで、幅広い環境に柔軟に対応できます。

一般的なオフィスアプリケーションでの活用が可能

専用の入力ユーティリティーでデータを入力し、バーコードを作成。アプリケーション上でペーストし、フォントを指定するだけですので、誰にでも容易にバーコードを生成、利用することができます。

企業コード欄
発行企業コード6桁
自由使用欄
コード(21桁まで)
再発行欄
発行区分
発行回数:1桁の数値を入力
初回発行時は「0」を入力
期限日欄
支払い期限日
印紙欄
印刷の有無
印刷する場合は「1」を入力
印刷しない場合は「0」を入力
金額欄
請求金額

企業システムでのバーコード印刷を実現

自社システムをお持ちのお客様に開発用支援ライブラリー(DLL形式)を同梱しています。ユーティリティーと同様に、元の数値データから、チェックデジットなどの計算、変換処理を行い、専用TrueTypeフォントでの表示を可能とします。フォントとDLLをシステムに組み込むことで、お客様環境でのお客様の必要とするバーコード入りのドキュメント印刷を実現できます。新料金代理収納に対応した請求書発行システムへの構築や移行を、スムーズかつローコストで実現することが可能です。

  • サーバーへの組み込みにはサーバーライセンスが必要です。

● サーバーへの組み込み例

● クライアントへの組み込み例

【GS1-128(EAN-128)による標準料金代理収納について】

コンビニエンスストアでの公共料金等の料金代理収納は、1987年に流通システム開発センターにてJANコードによるコード体系を制定し、導入されました。2005年現在、料金代理収納を利用した請求書を発行している企業は約3,500社、収納金額は年間約3.0兆円と推定されており、今後も拡大する見通しにあります。
請求書発行企業の増加に伴い、受入小売業でのさまざまなトラブルを回避するため、同センターではシステムの標準化を進め、1999年に発表された「JANコードによる標準料金代理収納ガイドライン」に引き続き、2001年には「UCC/EAN-128による標準料金代理収納ガイドライン」を取りまとめました。
コンビニエンスストアでの料金代理収納を利用して請求書を発行する企業では、このガイドラインに定められたGS1-128(EAN-128)のバーコードによる請求書発行システムが必要になります。

動作環境

対応OS
  • Microsoft® Windows® 98 日本語版
  • Microsoft Windows 98 Second Edition 日本語版
  • Microsoft Windows Millennium Edition 日本語版
  • Microsoft Windows NT® 4.0 Workstation 日本語版
  • Microsoft Windows NT 4.0 Server 日本語版
  • Microsoft Windows 2000 Professional 日本語版
  • Microsoft Windows 2000 Server 日本語版
  • Microsoft Windows XP Home Edition 日本語版
  • Microsoft Windows XP Professional 日本語版
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition SP3 日本語版
  • Microsoft Windows Server® 2003 / 2003 R2 日本語版
  • Microsoft Windows Server 2003 / 2003 R2 x64 Edition SP2 日本語版
  • Microsoft Windows Server 2008 / 2008 R2 日本語版
  • Microsoft Windows Vista® 日本語版
  • Microsoft Windows Vista SP1 日本語版
  • Microsoft Windows Vista SP2 日本語版
  • Microsoft Windows 7 日本語版
  • Microsoft Windows 7 SP1 日本語版
コンピューター
Intel® Pentium®プロセッサー、または互換のプロセッサーを搭載し、上記OSが正常に動作するコンピューター(Pentium II以上を推奨)
メモリー
上記OSが正常に動作し、アプリケーションが正常に動作するメモリー
ハードディスク
5Mバイト以上の空き容量
モニター解像度
640×480ピクセル(VGA)以上
対応プリンター

キヤノン レーザービームプリンター 【Satera LASER SHOT】

LBP9600C / 9500C / 9200C / 9100C / 8630 / 8620 / 8610 / 7700C / 7600C / 7200C / 7200CN / 7010C / 6700 / 6200 / 6300 / 5910 / 5900 / 5800 / 5700 / 5610 / 5600 / 5500 / 5400 / 5300 / 5200 / 5100 / 5050 / 5050N / 4500 / 3980 / 3970 / 3950 / 3930 / 3920 / 3910 / 3900 / 3800 /3700 / 3600 / 3500 / 3410 / 3310 / 3300 / 3210 / 3200 / 3000
LBP-2810 / 2710 / 2510 / 2410 / 2360 / 2300 / 2260PSII / 1910 / 1820 / 1810 / 1710 / 1620 / 1610 / 1510 / 1420 / 1310 / 1210 / 1110 / 1110Premium / 1110SE / 470 / 350

キヤノン カラー複合機【imagePRESS】

imagePRESS 1135 / 1125 / 1110 / C7000VP / C6000 / C1 / C1+

キヤノン カラー複合機【imageRUNNER ADVANCE】

iR-ADV 8105 PRO / 8095 PRO / 8085 PRO
iR-ADV C9075 / C9065 / C7065 / C5051F

キヤノン カラー複合機【Color imageRUNNER】

iR C6880N / C6800 / C4080F / C3580F / 5800 / 3220 / 3200 / 3100 / 2620

キヤノン 複合機【imageRUNNER】

iR8570 / 8500 / 7270 / 7200 / 7105i / 7105B / 7095i / 7086N / 7086B / 6060 / 6010 / 5160 / 5110 / 5055N / 4570 / 3570 / 3350 / 3235F / 2870 / 2850 / 2270 / 2250 / 2230 / 2010 / 1610 / 105
  • 解像度は600dpi以上で印刷してください。
開発支援ライブラリー

収録ライブラリー形式

  • 標準料金代理収納用GS1-128(EAN-128)コード作成支援DLL(MFC ランタイム スタティックリンク版)
  • 標準料金代理収納用GS1-128(EAN-128)コード作成支援DLLのインポートライブラリー
  • 標準料金代理収納用GS1-128(EAN-128)コード作成支援DLLのヘッダーファイル

開発環境 OS

  • Microsoft Windows 95 日本語版
  • Microsoft Windows 98 日本語版
  • Microsoft Windows 98 Second Edition 日本語版
  • Microsoft Windows Millennium Edition 日本語版
  • Microsoft Windows NT 4.0 Workstation 日本語版
  • Microsoft Windows NT 4.0 Server 日本語版
  • Microsoft Windows 2000 Professional 日本語版
  • Microsoft Windows 2000 Server 日本語版
  • Microsoft Windows XP Home Edition 日本語版
  • Microsoft Windows XP Professional 日本語版
  • Microsoft Windows Vista 日本語版
  • Microsoft Windows 7 日本語版

開発言語

  • Microsoft Visual Basic® 4.0
  • Microsoft Visual Basic 5.0
  • Microsoft Visual Basic 6.0
  • Microsoft Visual C++® 4.0
  • Microsoft Visual C++ 5.0
  • Microsoft Visual C++ 6.0

<バーコードの印刷品質に関する注意事項>
印刷したバーコードは、使用されるアプリケーション、紙の種類や質、プリンターのトナー濃度、プリンタードライバーの設定など様々な要因により印刷品質が異なる場合があります。そのため、弊社バーコードソフトウェア製品においても、すべての読み取り機で読み取れることを保証できるものではございませんので、あらかじめご了承ください。
バーコードを使ったシステムを構築の際には、実際に使用される環境で事前に十分な検証を行うことをおすすめします。

フォントサイズの変更によるバーコードシンボルの印刷品質の向上について

キヤノン製レーザービームプリンターでTrue1200dpi×1200dpiの印刷が可能なプリンターをご使用の場合、フォントのポイントサイズを変更することにより、バーコードシンボルの印刷品質が向上することがあります。
  • 全ての環境にて印刷品質が向上することを保証するものではありません。印刷品質の向上のための一手段としてご活用ください。

方法:

1200dpi×1200dpiの印刷環境下にてフォントサイズの指定を27ポイントにする。

確認済みプリンター:

LBP-1310 / LBP-1820 / LBP3800 / LBP3700

対象フォント:

CN-EAN128S

注意事項:

1200dpi×1200dpi以外の印刷環境下にてフォントサイズの指定を27ポイントにして印刷を実行した場合、逆に印刷品質が低下することがあります。

商品構成

1ライセンス:

希望小売価格(税別)
14,800円
商品コード
5370A048
備考
本製品をスタンドアローン環境やネットワークのクライアント端末で生成し印刷する際に必要。

5ライセンス:

希望小売価格(税別)
65,000円
商品コード
5370A049
備考
本製品をスタンドアローン環境やネットワークのクライアント端末で生成し印刷する際に必要。5クライアントライセンス。

10ライセンス:

希望小売価格(税別)
120,000円
商品コード
5370A050
備考
本製品をスタンドアローン環境やネットワークのクライアント端末で生成し印刷する際に必要。10クライアントライセンス。

サーバーライセンス:

希望小売価格(税別)
650,000円
商品コード
5370A051
備考
本製品をサーバーで使用する際の1サーバーライセンス。

追加サーバーライセンス:

希望小売価格(税別)
480,000円
商品コード
5370A052
備考
本製品を複数のサーバーで使用する際の1サーバー追加ライセンス。

FAQ

QMicrosoft® VisualBasic® .NET(以下VisualBasic.NET)にて、ユーザーマニュアル記載のサンプルコードを使用したいのですがビルドエラーになります。
A以下より新しいサンプルコードをダウンロードしてご使用ください。

【対象環境】

Microsoft .NET Framework Version 2.0以上が必要です。

【補 足】

新しいサンプルコードを使用してもビルドエラーが発生する場合は以下をご確認下さい。

Qフォントサイズの変更によるバーコードシンボルの印刷品質向上について
Aキヤノン製レーザービームプリンターでTrue1200dpi×12000dpiの印刷が可能なプリンターをご使用の場合、フォントのポイントサイズを変更することにより、バーコードシンボルの印刷品質が向上することがあります。
  • 全ての環境にて印刷品質が向上することを保証するものではありません。印刷品質の向上のための一手段としてご活用ください。

【方 法】

1200dpi×1200dpiの印刷環境下にてフォントサイズの指定を27ポイントにする。

【確認済みプリンター】

LBP-1310/LBP-1820/LBP3800/LBP3700

【対象フォント】

CN-EAN128S

注意事項
1200dpi×1200dpi以外の印刷環境下にてフォントサイズの指定を27ポイントにして印刷を実行した場合、逆に印刷品質が低下することがあります。

お問い合わせ